事業紹介|Our Business

ホーム事業紹介タイホウでパチンコを始めよう!

タイホウでパチンコを始めよう!

楽しく簡単パチンコ講座

気軽にひといき、気軽に盛り上がりたい!
パチンコはそんなときにぴったりのあそびです

※18歳未満の方はできません

タイホウでパチンコを始めよう!

各部名称

各部名称図

上皿の玉がハンドルをひねると自動的に奥へ送られ、盤面左側から打ち出されます

初めに

パチンコとは玉を借りて遊戯し、玉が出たら店にある商品と交換できる遊びです。
いくらまで打てば出るといった上限はありませんので、
あらかじめ予算を決めて開始されることをおススメします。

店内を見て回りましょう。

店舗内写真

店に入ったら店内を見て回りましょう。自由に歩き回って結構です。
どの辺りが賑わっているか、トイレはどこか。
カウンター(景品交換所)はどこかなど、見て回りましょう。

遊技台選び・1

遊技台写真

台選びですが、まずは玉貸し料を確認しましょう。
低料金で遊べる遊技台なら「1円コーナー」と表示のある通路の中へ入ります。
初心者の方や久しぶりに遊戯される方にはおススメします。

遊技台選び・2

遊技台写真

次に遊技台には何も置いていない台を選びます。(玉やたばこ、ハンカチ、鍵などが置いてある台は誰か他のお客様が遊んでいて、トイレなどで一時席を離れている台です)。
空いているかどうか、不安な場合はスタッフに空いているかどうか聞いてみて下さい。

遊技台選び・3

遊技台写真

台が決まったら椅子にお座り下さい。次に台の左側にある「ユニット」にお札を挿入します。
挿入方向はどちらでも可。千円札、5千円札、1万円札が利用可です。
(硬貨は挿入できませんので、その場合はスタッフが逆両替に対応します。)

わからないことがあったら

遊技台写真

何かわからないことがわりましたら、台の上にあるデータ表示器についている「呼出」のボタンを押して下さい。ランプが点滅します。
すぐにスタッフが席までお伺いいたします。何なりとお申し出ください。

お札を挿入

遊技台写真画像①と②

お札を挿入すると台の上皿のデジタル表示部(残金表示※画像①)に、挿入したお金の100分の1の数字が表示されます。
またユニットの液晶表示※画像②にも残金は表示されます。

玉を借りる

遊技台写真

上皿にある「玉貸」ボタンを押すと1円は200円分、200玉、
(500円→116玉コーナーでは500円分、116玉・4円コーナーでは500円分、125玉)が遊技台もしくはユニットのノズルから払い出されます。
その後上皿の残金額は、貸し出した金額が減額されて表示されます。
※なお、1円コーナーでの玉を500円→116玉・4円コーナーへ持ち出すことは禁止されていますのでご注意下さい(逆も禁止です)。

遊技開始

遊技台 ハンドル部分の写真

さあ、いよいよ遊技開始です。
ハンドルを握って右にひねります。
すると玉が自動で盤面に打ち出されます。

玉を打ち出す

遊技台 ハンドル部分と盤面の写真

一番右にひねると盤面の一番右まで玉が飛んでしまいますので、真ん中からやや左側に打ち出すようにハンドルのひねり具合を調整します。

液晶画面が動き出す

遊技台 盤面の写真

しばらく打っていると正面画面のやや下にある穴(パチンコ用語で「スタート」と言います)に玉が入ります。すると画面の数字が動きだし(パチンコ用語で「まわる」といいます)、上皿に玉が3個払い出されます。1個の機種もあります)

打ち出す強さを調節

遊技台 ハンドル部分の写真

少し慣れてきたら、玉の動きをよく見て、ハンドルのひねり具合を調整します。

大当たり

遊技台 大当たりの写真

見事、数字(またはアルファベット)が3つ揃えば大当たりです。
盤面の下部の方にある「アタッカー※①」と呼ばれる入賞口が開いたら玉を入れましょう。
もし画面に「右打ち※②」と表示されている場合はハンドルを右いっぱいにひねって、盤面右側にあるアタッカーに玉を入れましょう。入った玉数に応じて玉が上皿に出てきます。
※アタッカーが開いている間は打ち続けましょう

玉が出だしたら

遊技台 盤面上皿、下皿の写真

上皿に玉がいっぱいになると自然に下皿から玉が出てきます。
その状態になったら、下皿のレバーを左へスライドするか、ボタンを押しこみましょう。
すると下皿の下の計数用皿からユニットへ玉が流れて、玉が数えられます。
流れた玉の数はユニットの液晶部分に表示されます。

大当たりが終わったら

遊技台 盤面の写真

大当たりが終わったら画面の指示に従って、「左打ち」と表示されたら元の位置にハンドルを戻します。
「右打ち」もしくは「→」の表示が出ていたら玉を右側に打ち出します。

電動チューリップ

遊技台 盤面の写真

電動チューリップ(通称「電チュウ」)と言われる入賞口が良く開いている場合はそこへ玉を入れましょう。

当たり状態の終了

アタッカーも開かず、チューリップも開かない状態になると、一旦、玉が増える状況は終了です。
データ表示器の表示も通常状態になっていますので参考にして下さい。

続ける場合・止める場合

遊技台の写真 同じ台を続ける場合

大当たり後、打ち続けて上皿の玉が無くたったら、ユニットの緑のボタンを押して下さい。
1円パチンコの場合は200玉、500円116玉パチンコの場合は125玉、ノズルから出てきます。その分の玉が計数された玉数から減算されます。

遊技台の写真 止める場合

遊技を止める場合は、上皿の「玉貸」ボタンの近くにある「返却」ボタンを押して下さい。
ユニットからカードが出てきます。このカードには残金と、計数した玉の両方のデータが書き込まれています。無くさないように注意して下さい。

商品交換へ

残金の精算へ

違う台へ移動する場合へ

短時間席を離れる場合へ

長時間席を離れる場合へ

商品交換・1

商品交換の写真

カードに入っている玉で商品と交換しましょう。
カウンター前や横に商品が並び、それぞれに必要な玉数が表示されています。
近くに買い物かごや電卓も用意してありますので、ご自由にお使い下さい。
また、玉数がわからない場合は、ユニットに一度挿入すれば液晶に表示されます。
またカウンターのポスレジでも確認できますのでお気軽にカウンタースタッフへお申し出ください。

商品交換・2

商品の写真

商品を選んだら、商品とカードをカウンタースタッフへお渡し下さい。
ポスにて処理いたします。また、ビールや米など重たい商品はお車までスタッフがお運びいたします。お気軽にお申し付けください。
出玉の有効期限は当日中ですので、当日中に商品と交換してください。

残金の精算

精算機の写真

カードに残金がある場合は、「精算機」へ挿入してください。残り金額が払い出されます。
取り忘れにご注意ください。有効期限は当日限りですので、当日中に精算してください。
玉が残っている場合は【18】へ。また遊ぶ場合は【21へ】

違う台へ移動する場合

遊技台の写真

返却ボタンを押してカードを抜いてください。玉やたばこなど忘れないようにして席を離れてください。最初の台選びのように空いている台を選び、ユニットにカードを挿入してください。数秒で受け付けられ、液晶部に前の台で止めた時の玉数が表示されます。緑のボタンを押せば玉がノズルから出てきます。

短時間席を離れる場合

遊技台の写真

トレイや自販機利用などで少しの間席を離れる場合、台の確保のために上皿に玉を100~200個ほど、もしくはハンカチ、タバコ、ライターなどを上皿に置いてください。
カードは返却ボタンを押し、抜いてから離れてください。
また貴重品は必ず持って離れてください。特にスタッフに声をかけなくても結構です。
カードや携帯電話などの貴重品を置いたまま席を離れると盗難にあう場合もありますので特にお気を付けください。

長時間席を離れる場合

遊技台の写真

食事などで台を確保したまま外へ出かけたい場合は呼出ボタンを押してスタッフをお待ちください。スタッフに食事に行く、用事ができたなど店の外に行く旨を伝えてください。「食事中」の札をその台に掲げて、台を確保しておきます。
あらかじめ決められた時間(スタッフが伝えます)以内に店までお戻りください。
なおその際、貴重品やカードはご自身で持って行ってください。
用事が済んで台までお戻りになりましたら、呼出ボタンを押してスタッフをお呼びください。
休憩時間が規定の時間以上の場合は、台の確保はできません。

その他知っていると便利なこと

カタログ商品

商品にはカタログ商品もあります。カウンターに置いてあります。
欲しい賞品が決まったらカウンタースタッフへお申し付けください。
申込書に記入していただくと、後日、ご自宅へ配送されます。

カタログ商品の写真

貯玉会員について(再プレーについて)

貯玉会員カードというものがあります。カウンターにて即日に発行できます。
会費などは無く無料です。遊技前に会員カードをユニットに挿入していただくと今日獲得した出玉を明日以降に賞品と交換できます。また、上限はありますが明日以降に遊技に使う(再プレーといいます)こともできます。
再プレーも賞品交換も暗証番号の入力が必要です。またカードの貯玉情報は第三者機関が保有していますので安心です。
会員になる時に身分証明が必要です。

貯玉会員カードの写真

台の音量調整

最近の遊技台では音量の調整ができます。打ち出す前に遊技台の上皿にある十字キーや回転ボタンなど(機種によって違います)で調整してください。
遊技途中でも、打ちだしを一時中断してしばらくすれば調整できます。

音量調節のマーク

台の明るさ調整

音量と同じように液晶や枠の明るさも調整できます。(できない機種もあります)。遊技前に調整してください。

明るさ調節のマーク

ワゴンサービス

遊技をしたまま、席を離れずに特玉をドリンクなどと交換するサービスです。ワゴンスタッフが店内を巡回していますので、近くに来た際、お好きなメニューを注文することができます。

ワゴンサービスの写真

分煙ボード

遊技台と遊技台の間にスライド式のボードが設置されています。手前に引き出すことにより、臨席のタバコの煙をガードして受動喫煙を防止します。また遊技台の音を遮断する効果もあり、自席の音圧効果もアップします。その他にも、プラズマクラスターによるマイナスイオン発生器やオゾン発生器による消臭装置も設置されており、快適な遊技環境をサポートします。

分煙ボードの写真

エアーカーテン

遊技台と遊技台の間に風を出すエアーカーテンが設置されています。エアーカーテン上部のボタンを押すと風の強さを4段階で調節できます。
タバコの煙をシャットアウトしてお隣様同士、快適な環境でご遊技いただけます。

エアーカーテンの写真

パチンコ用語解説

大当たり確率とは

通常は低確率状態に設定されていて、この状態時の当選確率のことをいいます。
概ね1/100~1/400に設定されており、機種のタイプにより異なります。

マックスタイプ1/390 ミドルタイプ1/300 ライトミドルタイプ1/200 游パチタイプ1/99

一般的に上記の4タイプでの確率帯にされている機種が多いです。

確変とは

確率変動の略。高確率状態のこと。パチンコに搭載されているシステムの一つで、特定の大当たりの後に、大当たり確率を上昇させることにより、次の大当たりを比較的容易に得ることを可能にする状態のことです。
同時に電チューが良く開く状態を伴う場合が多いです。
※今が確変中なのかわからない場合はスタッフまでお尋ね下さい。

確変マーク

潜伏確変とは

機種によっては確変に当選しても、現状が確変状態である事を告知されない場合があります。内部的には高確率状態だが、電チューのサポートもなく、見た目は通常時と変わりません。わかりにくい状態ですので、ある程度慣れてから遊戯されることをおススメします。遊戯前にスタッフへ潜伏確変がある遊技台かそうでないか、確認をされると良いでしょう。

潜伏確変マーク

時短とは

大当たりが確変状態に突入する大当たりでなかった場合、大当たり終了後は低確率状態ですが電チューが良く開き、玉をあまり減らさずにスタートが回る状態のことを、時短中の状態と呼びます。規定のスタート回数に到達すると時短状態が終了します。機種によって回数は違います。

時短マーク

STとは

確変状態の種類の一つで、確変状態が規定のスタート回数だけ続きます。
スペシャルタイムの略です。一般的に確変状態とは次回大当たりまで高確率状態が継続されるものですが、ST確変では高確率状態に回数制限があります。
ST100・ST150などと表示され、ST100なら大当たり後100回まで高確率状態が続くという意味です。規定回数以内で当選しなかった場合、以降は通常(低確率)状態に戻ってしまいます。

STマーク

ページの先頭へ